まず無審査でお金を貸してくれる所はありません

それはブラックであろうがなかろうが変わりません

インターネット上や繁華街の電信柱や看板などや口コミでは、無審査キャッシングでブラックでも借りれる等の言葉が多く目立ちますが、実際本当の所はどうなのでしょうか。 一般的に専業主婦や成人した学生、アルバイトやパートの方などでも近年は特に通る事が難しくなかなかお金を借りれる所を探すのが難しくなっています。 さらに総量規制の問題もありますので、年収などを細かく調査せずに融資を行う事は違法になるのです。 唯一あるとしたらそれは闇金と呼ばれる悪徳な金利で貸し付けをする所になるのではないでしょうか。 もちろん、そのような所でさえもブラックの人には回収できる見込みがない限り10万円以上は無審査キャッシングで出してはくれないのではないでしょうか。 最初からこのような企業は過去に事故が無い人にでも少額しか、ここでは出してくれません。 その理由は最初は小さな額でも金利で膨らませる事ができる事を、また一度借りた人が借りに来る事はわかっているからです。 そして大切な家族や兄弟、働いている会社や親戚、友人にまで迷惑を掛けてしまう事になるかもしれません。 いくら融資をしてくれるからといって安易に契約をしてしまうのは非常に危険です。

ブラックであると言う事は信用がないと言う事です

種類や軽度にも取りますが取り戻すことは難しい

お金を借りていようがいまいが、一度失ったものを元のように取り戻すことは非常に難しく労力も時間も掛ります。 それは金融業界でも同様で、やはり大手銀行系カードローンや消費者金融で無審査でお金を借りることは非常に難しいのです。 ブラックリストに掲載される連続した期間は事故の種類や軽度によって長さが異なるとされています。 しかしこれは最低でも5年から10年くらいは綺麗に痕跡を消されることはないと言われています。 資格を持った弁護士に有料で依頼して自己破産や債務整理をした場合は最高で5年は負の拭えない履歴が残ると予め覚悟した方がいいかもしれません。 その後もこのようにクレジットカードを個人用として発行し新たに別枠で何枚も裏ワザで自由に作れたりします。 またはこのように無審査のキャッシングで自由に契約ができると言う金融の法律での確証があるわけではありません。 それくらい、長い人生でも深い傷をつける大きな事なのです。 こういった状況もう一度そのような金融事故を起こし社会から他人の信用を失ってしまった方は同じ過ちを二度と繰り返してはいけません。 働かず楽をして新たに融資で借金を作るよりは、ブラックの方は綺麗に完済することを考えた方が良いのではないでしょうか。

Twitterで無審査でも借りれるか検索して見た

個人間融資のアカウントが身バレで見つかる

Twitterで検索をするとブラックでも無審査で個人間融資を行うというアカウントがいくつかのハッシュタグを付けているのが見つかります。 そういったアカウントのツイートやプロフィール画面に記載されてあるURLをマウスで不注意でクリックするといきなり説明もない数項目の申込み画面に直接飛びます。 アクセス解析なども付いていますので、お客様がシステムでどこからどのIPアドレスのレンタルサーバーできたかが簡単にわかってしまいます。 FC2の無料ブログなどで運営されている場合が多く、個人情報を入力した後はどこから連絡が来るかはわからない状態です。 更に身分証明書の添付のありますが、ここに運転免許証や保険証などの公的書類の写真を送ってしまうと、どこでどのように悪用されるかわかりません。 注意しなくてはいけないのはTwitterのブラック専用や個人間融資倶楽部のアカウントはすぐに何かあれば削除されてしまう事です。 Twitterではアカウントのプロフィール写真が女性や動物になっていたりするのでわかりずらいですが、#無審査 #個人間融資 などのハッシュタグが付いている場合には注意しましょう。

ネットに溢れるブラックでも無審査だったという情報

大手銀行と消費者金融のデータは繋がっている?
今ではプロミスやアコム、レイクなどの知名度の高い所は一流の都市銀行と業務提携しています。 ほとんどの資本が裏では繋がっていると判断しても良いのではないのでしょうか。 クレジットカードとこれらの消費者金融などでは個人信用情報機関が違うので、内容はばれることはないなどという信憑性のない悪い噂も多く流れています。 これは逆の事を考えてみればすぐにわかるのですが、ある程度の期間を経たブラック掲載者以外はほぼ100%最初の段階で情報は確認されていると言っていいのではないでしょうか。 インターネットやノートパソコンの家庭への普及で良くも悪くも大切な個人情報は共有できるデータ化します。 外部からアクセスや不正で侵入してハッキングされないように管理されています。 その合間を縫って複数個所から個人で融資を受けたりすることは非常に難しい事となっています。 裏を返せばこのような秘匿性の高いデータの双方のやり取りなどをしていない、昔からあるような金融業者などではブラックであろうがなかろうが無審査キャッシングである可能性はあります。 しかし、金利はもちろんのこと返済を滞ったりできなかったりした場合の、伴うその先は想像の通り追い込みを掛けられて回収できる所まで全てを持ってこられるでしょう。

地方の地域限定の中小消費者金融ならブラックでも大丈夫?

金融庁に登録している消費者金融は数千社あり、中には売上向上のために法律を無視するしか生き残れない会社もあります。 普通に考えて消費者金融で借りるなら大手のアコム、プロミス、モビットで事足りるのに数千もの会社が存続できているのはブラックのような多重債務者にもお金を貸してしまっているからです。 貸金業法で本当は違法になり行政処分を受けて倒産する可能性もあるのですが、売上がないと存続できないので無審査で内緒で貸してしまいます。 無審査といっても総量規制は目をつぶってあげる程度で、対面して信用できる人間かどうかは来店させて是非を判断されます。 借金が沢山あるけど保証人になれそうな人がいれば貸すとか、大手の会社に勤めていて回収できそうとか、貸金業法とは違う独自の判断を下してブラックにも無審査でキャッシングさせます。 そのような中小消費者金融が全国に多数あるので、お住まいのところで探して電話で聞いてみましょう。


無審査キャッシング~無職でも即日に融資

このページの先頭へ