キャッシングの枠を止められる様々な理由

クレジットカードには買い物や食事などの支払いができるリボ払いのショッピング枠と、現金の融資を無審査で受けることができるキャッシングがあり、この機能が止められてしまう事が稀にあります。 昨日まで普通に利用できていたのに今日になって急に使えなくなって困り果ててしまったというお客様は少なくないのです。 契約している会社からその旨の手紙や請求の通知が送られていることがほとんどですが、行き違いになって気が付かないでいると支出の予定が崩れてしまう事もあります。 考えられる一番の理由は延滞や遅延などですので、ほとんどの場合が心当たりがあるのではないでしょうか。 それ以外では、意図的ではなく引き落としの口座に残金が不足していたりすることもあります。 念のために自分で確認してみましょう。

何度も無審査の借入を繰り返していたり入金がそこから1日でも遅れることが頻繁にあると、月々の返済で生活費が厳しいと判断されキャッシングが使えなくなってしまう事があります。 ここでは、その人の職業ジャンルや毎月の収入にも強く関係してきますから、全ての属性に当てはまるとは言い難いですが、何度も限度額まで借入額が達してしまっていると自転車操業で限界と判断されてしまう事もあるようです。 また他社からの新規の借入や増額などを申請した時にも、その可能性があります。 クレジットカード会社から年収額届出書や証明書類を求められていたりします。 正式な住所や勤務先の変更の届を役所でしっかりと行っていないと見つかって止められてしまう事があるようです。 この場合は何度か用紙だけでなく、登録されている携帯の電話番号などにフリーダイヤルで連絡が行っているはずですので突然通告という事ではないようです。 これは金融庁による2010年の総量規制の改正によって制度は消費者にとって厳しくなっていますので、それを踏まえるとこれは年収の三分の一以上の借入があるのにも関わらず年収額の申告や確認ができていない人は無審査キャッシングが止められてしまうケースがあります。

キャッシングが止められたら新規契約は難しい?

新たにクレジットカードを新規に契約締結ができない? けして一つの会社のクレジットカードのキャッシング枠が自動で止められたとしても、他社で新たに契約ができないというわけではありません。 カード会社によっては、10万円程度の限度額で上手に利用できる場合もあります。 これは銀行のカードローンの場合も同じです。 しかし、注意しなくてはいけないのはキャッシングがなぜ?どんな理由で勝手に止められてしまったか?ということです。 一回だけ、たまたま1円も入金がされていなかったり、指定の銀行口座からの自動引き落としの操作ができなかったくらいでは強制の利用停止にはなりません。 何かしらの理由があるはずですから、特に心当たりがない場合でも電話で自分で確認をしておきましょう。 最終的には最悪な金融事故として無下に取り扱われてしまう可能性もあるのです。

返済能力の再調査でキャッシングが止められることもあります

キャッシングを電話報告なしで突然止められてしまってもショッピング枠まで同時に利用停止になるという事は多くはありません。 可能性として利用可能なMAXの限度額が不穏意にも下がってしまう事はありますので注意しましょう。 ただし遅延や延滞などが解消されていない場合は別で、両方とも警告なく一方的に止められてしまうどころか三カ月で金融事故者のブラックという扱いを受け個人信用情報機関に自動的に掲載されてしまいます。 稀にお客様の中で買い物をした分の支払日を過ぎてしまった分をショッピング枠からできないのかと考えられる方がいらっしゃいますが、それは実質は不可能です。 支払日を1日でも多く過ぎてしまった時点で故意でなくても借入は上限の枠があってもできなくなってしまいます。 事の顛末として、外出先で好きな商品を買い物ができる機能も勝手に停止させられてしまう事があります。 理由もわからず利用可能額がオーバーしてゼロになってしまった場合は契約会社が返済能力の調査を行い不可と判断したからであることが予想できます。

税務署の年収証明書や現在の勤め先からの収入の概要がわかるものを再提出する事でクレジットカード会社がもう一度審査をした結果で、追加融資のキャッシングが再びできるようになることもあります。 これから転職したり、勤務先の職種が変わったり、若い学生が春に晴れて卒業して立派な社会人になった時、ここで会社を途中で辞めて短期アルバイトやフリーターになった時などにも訂正の報告が厳密には必要になります。 何年も上記のような書類を提出していない無審査の状態の場合は契約した当初の情報になっていることがあるということです。 またお金を借りることはまずなく、不意の盗難や紛失をした際の安全を優先してショッピング枠以外は自己申告で中断してしまう事もできます。 このように一度停止してしまうともう一度使えるようにするには手間も時間も想像よりも掛かりますので注意しましょう。 それでも期間中の増え続ける金利などを考えると、これが万が一の時であっても無審査キャッシングは不用意に利用しないに越したことはないと言えるでしょう。

中小消費者金融ならキャッシングを止められても借りれる

本当はNGですがキャッシングを止められるようなブラックな状態でも、お金を貸してくれる末端の無審査OKの消費者金融の会社があります。 大手ではなく地方しかないとか、数人の小規模会社とか、俗に中小消費者金融と呼ばれてブラックな人が探し回っている情報であります。 実際にCICとかJICCといった端末による顧客の履歴の情報を見ない無審査キャッシングでお金を融資するので少額ですが借りれてしまいます。 有名なところとしては「エイワ」というところで条件としては近隣店舗への来店が必須で、人を見て回収できそうなら10万円貸すといったところです。 キャッシングが止まるということは、信用情報で異動の履歴が発生したことになり、5年間はクレジットカード発行と新規融資は全うなところでは拒否されることになります。


無審査キャッシング~無職でも即日に融資

このページの先頭へ